秋田県郷土料理一覧

冬には非常に寒くなる秋田県では、身も心も温まる郷土料理があります。その一つがハタハタという魚を使った「しょっつる」という鍋です。
白ネギや豆腐、竹の子、春菊、白菜とマイタケなどのキノコ類が入っており、そこにハタハタを加えて作る郷土料理です。昆布でダシをとった、さっぱりとした味わいのしょっつる鍋は、秋田県ならではの味を堪能できます。
そして、秋田と言えばきりたんぽ鍋が有名です。すりつぶしたご飯を木の棒に巻きつけるという、県外の方からすれば少し斬新なものですが、香ばしく焼きあがったきりたんぽは絶品です。鍋の具材としてはキノコやゴボウ、ネギなどオーソドックスですが、秋田の比内鶏から取ったスープはきりたんぽとの相性抜群です。
他にも秋田県には沢山の郷土料理があります。

しょっつる鍋

秋田県の郷土料理の一つ。ハタハタを丸々入れて作る鍋料理です。しょうゆベースのシンプルなスープに、ぷりっとした弾力のあるハタハタが相性抜群です。基本的に子持ちハタハタを使うので、卵に火が通り切る前に食す方が美味…

きりたんぽ鍋

秋田県の郷土料理の一つ。米を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒からはずし、鍋へ入れて食べる鍋料理。きりたんぽに味噌を付けてやく味噌たんぽもとても人気がある。