青森県郷土料理一覧

青森県は豊かな自然が特徴。特に広大な白神山地をはじめとした山林地域であるとともに、日本海、太平洋の両面に接しています。さらに津軽海峡もあります。海の幸・山の幸のどちらも味わえる地域ですから、ご当地郷土料理にもその特色が十分に出ています。
正月料理として定番のたらのじゃっぱ汁やいちご煮などは贅沢な料理です。じゃっぱ汁はたらをアラ(じゃっぱ)ごと使うとともに、大根やにんじんといった野菜と煮るというもの。いちご煮はアワビとウニを使ったお吸い物。身体も温まるだけでなく、栄養分も豊富に摂取できる郷土料理です。
他にも、しとぎもちと呼ばれるお餅も米作が多い津軽地方で愛されています。南部地方では冷夏になりやすく米作が厳しいことから、畑作が中心的な農業として栄えました。せんべい汁に合わせて作られた南部せんべいを汁の中に入れ、様々な野菜とともに煮込むという鍋料理です。こちらも地域ならではの味わいがあります。
青森と言っても一口では語れないほど幅広く、それぞれの特徴は大きく異なります。

いちご煮

青森県八戸市の郷土料理の一つ。いちご煮とは、ウニとアワビの身で作られたお吸い物の事。いちご煮の「いちご」は、ウニの卵巣の塊が野イチゴに見える事から因む。

せんべい汁

青森県八戸市の郷土料理の一つ。南部せんべいを割り、醤油ベースの鍋に入れ、野菜や肉と共に煮立てる料理。せんべい汁の背景は、すいとんの代わりに保存がきくせんべいを用いたと考えられている。

貝焼き味噌

大振りのホタテ貝の貝殻に味噌、とき卵を加える青森県津軽地方の郷土料理。ホタテ以外に、長ねぎやカレイの切り身などを入れ事もある。

じゃっぱ汁

青森県の郷土料理の一つ。じゃっぱ汁の「じゃっぱ」とは、津軽弁での表記であり、共通語では「アラ」の事を指す。タラだけではなく、他県では「鮭じゃっぱ」などがある。