茨城県郷土料理一覧

茨城県のご当地食材として有名なものは納豆です。水戸納豆は粒が大きくて大豆そのもの旨味が凝縮しています。納豆は大豆イソフラボンもたくさん入っていますから、健康で美容にも良い事からとても人気です。
水戸周辺では、ラーメンにも納豆を入れたり、うどんやそば、お味噌汁、パスタなどにも入れて食べる方もいます。
鍋料理ではあんこう鍋がとても有名です。あんこう鍋はには身だけではなく、肝なども入っているので他の鍋とは少し違った独特スープが味わいとなっています。アンコウは捨てる部位がない上に、栄養も多く含んだ食材です。体にも良く、味もいい事から健康食材として好まれています。
茨城県には、霞ヶ浦や那珂川、久慈川など多くの河川に恵まれた茨城県は、水産物が豊富な地域です。納豆だけでは無くけんちん汁やあんこうのどぶ汁なども様々な郷土料理があります。

そぼろ納豆

茨城県の郷土料理の一つ。切り干し大根を細かく刻み、納豆と和え、味付けした惣菜料理です。昔から保存食として作られてきました。納豆に塩漬けした切り干し大根を和える事で、保存力が大幅にアップします。

どぶ汁

茨城県の郷土料理の一つ。あんこうの肝と味噌ベースの汁もの料理です。あんこうの肝を空煎りする事で肝油が出てきます。その肝油と野菜から出る水分だけで作れる事から漁師の船上料理として広まりました。

あんこう鍋

深海魚を用いた茨城県の代表的な郷土料理。「食べられない所がない」と言わるように皮や内臓、ヒレなど骨以外はすべて入っている。しょうゆまたは味噌ベースの鍋料理。