岩手県郷土料理一覧

岩手県の中でも盛岡では、盛岡三大麺と呼ばれている3つの麺の郷土料理があります。じゃじゃ麺、わんこそば、盛岡冷麺、の3つです。
じゃじゃ麺はきしめんやうどんなどに肉味噌やきゅうり、ネギなどを掛けて食べるもので、しょうがやにんにくなどでさらに味を付けるものもあります。最後に少しだけ残しておき、そこにスープを入れ、チータンタンスープとして食べるという方法もあり、これはじゃじゃ麺を食べる上で定番ともなっています。
盛岡市内にはこのじゃじゃ麺を扱っているお店も非常に多くあり、この地に来ればご当地グルメとしてあらゆる店舗にていただくことができます。
わんこそば誰でも聞いたことのある有名なそばだと思います。お椀に一口分のそばを入れ、食べ終わったらすぐに次のそばを注ぐという、他とは全く違った食べ方です。
盛岡冷麺は普通の冷麺とは少し異なり、牛肉や鶏肉を煮込んで作られた、さっぱりとした冷麺になります。
その他にも盛岡の郷土料理は沢山あります。

江戸ヶ浜丼

岩手県の郷土料理の一つ。ウニやつぶ貝、あわびなど旬な貝類をたっぷり使った海鮮丼です。食材の風味と塩、しょうゆだけのシンプルな味付けになっています。江戸ヶ浜丼の由来は、種市町にある「江戸ヶ浜」から名付けられまし…

ひっつみ

小麦を用いた岩手県の郷土料理の一つ。鍋に小麦を練ったものをひっつまんで入れて作れられる事から「ひっつみ」と名称された。すいとんよりも、ワンタンや水餃子の様な歯ごたえの汁もの料理。