高知県郷土料理一覧

高知県と言ったら思い出すのは、カツオではないでしょうか。カツオは土佐地方では、1番有名なものです。近海ではカツオが取れますから、新鮮な味のいいカツオが安く手に入れられます。カツオはそのまましょうゆやワサビやしょうがで食べるのもおいしいですが、その他にも、フライやお鍋や味噌汁にもなっています。お寿司にしても、カツオは美味です。カツオはほかの魚以上に鮮度が落ちやすいので、早く食べなくてはなりません。
日本中どこに住んでいても、春と秋にはカツオを食べられますが、現地で食べたらまったく違った味という話です。魚介類は1時間でも早く食べたら、味も最高にいいのです。自分の家で食べるカツオは、みんな冷凍ものですから、解凍をしたカツオと取れたてのカツオは全く違ったおいしさになってしまいます。
カツオの手コネずしや煮物やつくだ煮など、高知県に行かなくては食べられない、ご当地のカツオ料理の郷土料理のレシピも豊富にそろっています。

ぐる煮

高知県の郷土料理の一つ。食材を食べやす様サイコロ状に角切りし、シンプルな味付けで煮込む料理です。ぐる煮の「ぐる」とは土佐の方言で、「一緒」「仲間」という意味があり、様々な野菜や食材と煮込む事からぐる煮と名付け…