宮城県郷土料理一覧

宮城県のご当地グルメといえば牛タンです。
仙台に行った際には必ずと言っていいほど見かける牛タンは、観光客からも人気が高いです。牛タン料理の種類も多く、シンプルにそのまま食べるものから、牛タンシチュー、しゃぶしゃぶ、牛タンの刺し、牛タンの寿司まであり、そのバリエーションも豊富です。
また、宮城のご当地としてはずんだ餅もとても有名です。これは枝豆をすりつぶして作られた和菓子になりますが、近年ではこのずんだを使ったアイスクリームやクレープなども登場しており、ずんだを使った料理は日に日に増えつつあります。
他ではあざらと呼ばれる料理がありますが、これはメヌケと呼ばれる魚のあらを使った鍋料理です。酒粕を入れるのが他の鍋とは違った特徴になります。
宮城県の郷土料理はその土地の特性を生かした魚料理などが多くあります。宮城に訪れた際にはこの地ならではの味を楽しみましょう。

はっと汁

宮城県の郷土料理の一つ。小麦粉で作った薄い生地を入れて食べる汁もの料理です。すいとんよりもワンタンや餃子の皮の様な触感です。「はっと」の由来は当時の大名が「こんなに美味しい物を農民に食べさせるのは、ご法度だ」…

ずんだ餅

宮城県の郷土料理の一つ。枝豆をすり潰し、砂糖で味付けした餡を餅にからめて食す銘菓。本来はお盆料理だが、現代では一年中販売されている。

はらこ飯

宮城県の郷土料理の一つ。鮭の煮汁で炊いたご飯の上に、鮭の身とイクラをのせた料理。仙台駅や盛岡駅などで駅弁としても売られている。