奈良県郷土料理一覧

奈良県は由緒正しいお寺がたくさんあるので、郷土料理でも精進料理や和風なものが多いです。年中、茶がゆを食べますので、有名な郷土料理は茶がゆです。茶がゆにあうので、奈良漬もできました。奈良漬が好きで食べる方も日本中にいます。
現地に行くと、いろいろな種類の奈良漬が販売されています。漬け方も浅いものから1年以上漬けたものまで、まちまちとなっています。お好みによって、奈良漬も分かれています。従来のなら漬けではなくて、高級なものも出てきました。例えば、高級なブランデーや焼酎につけた奈良漬です。女性に人気の高い赤ワインにつけた奈良漬もあります。
茶がゆはシンプルでアツアツのものですから、冷たくて食感がいい奈良漬は茶がゆを食べる時のお供には欠かせないレシピの1つなのです。ご当地のメニューには、2つ以上のものがセットになって親しまれているものも珍しくありません。茶がゆと奈良漬も一緒に味わうと、おいしさが倍増します。

いもぼた

奈良県の郷土料理の一つ。ご飯、里芋、サツマイモと一緒に炊き込み、餅状に練り上げた後こしあんなどを用いた郷土菓子です。1780年にサツマイモが境港に伝来して以来、お米の代用食として食べられてきました。様々なサツマイ…

柿の葉寿司

奈良県の郷土料理の一つ。一口大にした酢飯に鯖や鮭、鯛などの切り身を乗せ、柿の葉で押し寿司にした料理。柿の葉には殺菌効果があり、包む事により保存性が高くなる。主に渋柿の葉を使い、場所によっては昆布をまいてから柿…