魚介料理一覧

魚介を使った郷土料理が日本各地にあります。様々な魚介が取れるのも島国ならではです。保存食とした郷土料理も多く、先人の知恵が詰まった郷土料理もご紹介致します。
日本人の生活において、お米と同様に親しんで来た食材です。きっとあなた好みの魚介郷土料理が見つかると思います。

てこね寿司

三重県の郷土料理の一つ。新鮮なカツオをぶつ切りにし、酢飯、白胡麻、大葉と一緒に混ぜ合わせた漁師飯です。カツオの味付けはしょうゆだけですが、大葉や酢飯との相性は抜群です。三重県の中でも志摩町の代表的な郷土料理と…

焼き鯖そうめん

滋賀県の郷土料理の一つ。焼いた鯖を甘辛く煮た後、その煮汁にそうめんを入れて味をしみ込ませたおもてなし料理です。昔は「五月見舞い」という習慣があり、農家へ嫁いだ娘のものへ焼き鯖を届けていました。手軽に食べられる…

ぬた

福井県の郷土料理の一つ。鰯を三枚に下してワケギなどのやくみと一緒に辛子味噌で和えた一品料理。ぬたの由来は味噌のどろりとした見た目から沼を連想させる事から名付けられたとされています。また「日葡辞書」にぬたの記述…

ホッキ飯

福島の郷土料理の一つ。ホッキ貝を使った炊き込み料理です。しょうゆベースのホッキ貝の煮汁とにんじんやひじきなどの野菜と炊き込む事で、コクがある炊き込みご飯に仕上がります。

どんがら汁

山形県の郷土料理の一つ。鱈を丸々使った味噌ベースの汁もの料理です。冬の人会で獲れた真鱈の事を「寒だら」といい、庄内の名物郷土料理となっています。

江戸ヶ浜丼

岩手県の郷土料理の一つ。ウニやつぶ貝、あわびなど旬な貝類をたっぷり使った海鮮丼です。食材の風味と塩、しょうゆだけのシンプルな味付けになっています。江戸ヶ浜丼の由来は、種市町にある「江戸ヶ浜」から名付けられまし…

どぶ汁

茨城県の郷土料理の一つ。あんこうの肝と味噌ベースの汁もの料理です。あんこうの肝を空煎りする事で肝油が出てきます。その肝油と野菜から出る水分だけで作れる事から漁師の船上料理として広まりました。

しょっつる鍋

秋田県の郷土料理の一つ。ハタハタを丸々入れて作る鍋料理です。しょうゆベースのシンプルなスープに、ぷりっとした弾力のあるハタハタが相性抜群です。基本的に子持ちハタハタを使うので、卵に火が通り切る前に食す方が美味…

ひゅうが飯

愛知県の郷土料理の一つ。新鮮な魚をすり潰した白胡麻やしょうゆなどの味付をし、溶いた卵をかけて食べる丼もの郷土料理です。昔の漁師たちが、一切火を使わずに料理出来ものとして生み出された漁師飯の一つ。ひゅうが飯の「…

しもつかれ

栃木県の郷土料理の一つ。鮭の頭と野菜の切りくずなどを大根おろしと混ぜた料理。様々な食べ方があるが、表面が凍ったものを温かいご飯に乗せて食べるのが一番おいしい食べ方とされている。

1 / 3123