魚介料理一覧

魚介を使った郷土料理が日本各地にあります。様々な魚介が取れるのも島国ならではです。保存食とした郷土料理も多く、先人の知恵が詰まった郷土料理もご紹介致します。
日本人の生活において、お米と同様に親しんで来た食材です。きっとあなた好みの魚介郷土料理が見つかると思います。

しもつかれ

栃木県の郷土料理の一つ。鮭の頭と野菜の切りくずなどを大根おろしと混ぜた料理。様々な食べ方があるが、表面が凍ったものを温かいご飯に乗せて食べるのが一番おいしい食べ方とされている。

貝焼き味噌

大振りのホタテ貝の貝殻に味噌、とき卵を加える青森県津軽地方の郷土料理。ホタテ以外に、長ねぎやカレイの切り身などを入れ事もある。

じゃっぱ汁

青森県の郷土料理の一つ。じゃっぱ汁の「じゃっぱ」とは、津軽弁での表記であり、共通語では「アラ」の事を指す。タラだけではなく、他県では「鮭じゃっぱ」などがある。

ウニ・イクラ丼

北海道を代表する海産物のウニとイクラの丼ぶり。ウニのとろみとイクラのぷりっとした触感は相性抜群。11月~2月の間が一番旬の時期となっている。

いちご煮

青森県八戸市の郷土料理の一つ。いちご煮とは、ウニとアワビの身で作られたお吸い物の事。いちご煮の「いちご」は、ウニの卵巣の塊が野イチゴに見える事から因む。

いかにんじん

福島県の郷土料理の一つ。名前の通り、スルメイカとにんじんを細切りにし、味付けをした料理。秋から冬にかけて作られている。

ちゃんちゃん焼

鮭と野菜を鉄板で蒸し焼きにする料理。味噌で味付けをし、バターでまろやかにしあげる。北海道の漁師が作った名物料理の一つ。

はらこ飯

宮城県の郷土料理の一つ。鮭の煮汁で炊いたご飯の上に、鮭の身とイクラをのせた料理。仙台駅や盛岡駅などで駅弁としても売られている。

あんこう鍋

深海魚を用いた茨城県の代表的な郷土料理。「食べられない所がない」と言わるように皮や内臓、ヒレなど骨以外はすべて入っている。しょうゆまたは味噌ベースの鍋料理。

おでん

室町時代に串に刺した田楽が登場し、江戸時代に種を茹でた煮込み田楽がおでんの発祥。根菜や練り物をだし汁で煮込む鍋料理。東京の郷土料理とされている。

2 / 3123