野菜料理一覧

大半の料理には野菜が登場します。野菜の種類も様々あり、栽培するのに適した気候や地形なども変わってきます。だからこそ、特産品として有名になる野菜があります。気候、地形、時期にあった野菜は、他の地域の同じ野菜と比べ多くの栄養素を蓄え、味も一層美味しくなります。
これからご紹介する野菜を使った郷土料理の中に、あなたの好きな野菜を使った郷土料理もあると思います。

行田フライ

埼玉県の郷土料理の一つ。水で溶いた小麦粉に肉や野菜、卵などを入れて焼いた料理です。お好み焼きに似ていますが、とても薄く持ち運びに便利な事から昭和初期にとても人気があった郷土料理です。

かんぴょうの卵とじ

栃木県の郷土料理の一つ。かんぴょうで作るお吸い物です。しょうゆと塩のシンプルの味付けに、溶きたまごとかんぴょうを入れて作ります。栃木県の気候はかんぴょうを育てるのに最適であった為、江戸時代からかんぴょうの卵と…

ホッキ飯

福島の郷土料理の一つ。ホッキ貝を使った炊き込み料理です。しょうゆベースのホッキ貝の煮汁とにんじんやひじきなどの野菜と炊き込む事で、コクがある炊き込みご飯に仕上がります。

どんがら汁

山形県の郷土料理の一つ。鱈を丸々使った味噌ベースの汁もの料理です。冬の人会で獲れた真鱈の事を「寒だら」といい、庄内の名物郷土料理となっています。

江戸ヶ浜丼

岩手県の郷土料理の一つ。ウニやつぶ貝、あわびなど旬な貝類をたっぷり使った海鮮丼です。食材の風味と塩、しょうゆだけのシンプルな味付けになっています。江戸ヶ浜丼の由来は、種市町にある「江戸ヶ浜」から名付けられまし…

味噌カツ

愛知県の郷土料理の一つ。八丁味噌を中心に、だし汁や砂糖などを合わせて作った独特のタレを豚カツにかけて食べる料理です。まかない料理から広まった説があり、どて煮に入れて食べるのが主流とされています。

小倉トースト

愛知県の郷土料理の一つ。食パンを焼いた後にバターと小倉餡を乗せて食べる軽食です。昭和30年から広がり、今では喫茶店の定番メニューとなっています。

肉巻おにぎり

宮崎県の郷土料理の一つ。タレに漬け込んだ豚もも肉の薄切りをご飯に巻いて焼くおにぎり料理です。居酒屋のまかない料理として食べられていた事が発祥とされています。肉巻おにぎりの専門店も多々あり、宮崎県民以外にも多く…

チキン南蛮

宮崎県の郷土料理の一つ。鶏肉のから揚げに南蛮酢とタルタルソースをかけて食べる肉料理です。宮崎県延岡市が発祥の地とされ、昭和40年ごろから愛され続けてきた郷土料理です。

朴葉味噌

岐阜県の郷土料理の一つ。朴(ホオノキ)の葉の上に味噌やネギ、キノコなどを入れて焼く料理です。焼いたものをご飯などに乗せて食べるのが一般的ですが、近年では野菜や肉などを乗せて焼く料理も増えています。特に飛騨牛を使…