野菜料理一覧

大半の料理には野菜が登場します。野菜の種類も様々あり、栽培するのに適した気候や地形なども変わってきます。だからこそ、特産品として有名になる野菜があります。気候、地形、時期にあった野菜は、他の地域の同じ野菜と比べ多くの栄養素を蓄え、味も一層美味しくなります。
これからご紹介する野菜を使った郷土料理の中に、あなたの好きな野菜を使った郷土料理もあると思います。

そぼろ納豆

茨城県の郷土料理の一つ。切り干し大根を細かく刻み、納豆と和え、味付けした惣菜料理です。昔から保存食として作られてきました。納豆に塩漬けした切り干し大根を和える事で、保存力が大幅にアップします。

どぶ汁

茨城県の郷土料理の一つ。あんこうの肝と味噌ベースの汁もの料理です。あんこうの肝を空煎りする事で肝油が出てきます。その肝油と野菜から出る水分だけで作れる事から漁師の船上料理として広まりました。

けんちん汁

神奈川県の郷土料理の一つ。しょうゆベースのスープに野菜や豆腐、鶏肉など沢山の具が入った汁もの料理です。建長寺の僧が精進料理として生み出された事から「建長汁」と呼ばれ、いつの間にか「けんちん汁」となまって伝えら…

しょっつる鍋

秋田県の郷土料理の一つ。ハタハタを丸々入れて作る鍋料理です。しょうゆベースのシンプルなスープに、ぷりっとした弾力のあるハタハタが相性抜群です。基本的に子持ちハタハタを使うので、卵に火が通り切る前に食す方が美味…

はっと汁

宮城県の郷土料理の一つ。小麦粉で作った薄い生地を入れて食べる汁もの料理です。すいとんよりもワンタンや餃子の皮の様な触感です。「はっと」の由来は当時の大名が「こんなに美味しい物を農民に食べさせるのは、ご法度だ」…

かぶら寿司

石川県の郷土料理の一つ。なれずしの一種で、塩漬けにしたカブで魚の切り身を挟み、麴で漬け込む寿司料理です。気温が低い冬に作られるごちそうとして地元の人たちに愛されています。魚の切り身は寒ブリを使う事が多く、脂が…

しもつかれ

栃木県の郷土料理の一つ。鮭の頭と野菜の切りくずなどを大根おろしと混ぜた料理。様々な食べ方があるが、表面が凍ったものを温かいご飯に乗せて食べるのが一番おいしい食べ方とされている。

ひっつみ

小麦を用いた岩手県の郷土料理の一つ。鍋に小麦を練ったものをひっつまんで入れて作れられる事から「ひっつみ」と名称された。すいとんよりも、ワンタンや水餃子の様な歯ごたえの汁もの料理。

じゃっぱ汁

青森県の郷土料理の一つ。じゃっぱ汁の「じゃっぱ」とは、津軽弁での表記であり、共通語では「アラ」の事を指す。タラだけではなく、他県では「鮭じゃっぱ」などがある。

せんべい汁

青森県八戸市の郷土料理の一つ。南部せんべいを割り、醤油ベースの鍋に入れ、野菜や肉と共に煮立てる料理。せんべい汁の背景は、すいとんの代わりに保存がきくせんべいを用いたと考えられている。