野菜料理一覧

大半の料理には野菜が登場します。野菜の種類も様々あり、栽培するのに適した気候や地形なども変わってきます。だからこそ、特産品として有名になる野菜があります。気候、地形、時期にあった野菜は、他の地域の同じ野菜と比べ多くの栄養素を蓄え、味も一層美味しくなります。
これからご紹介する野菜を使った郷土料理の中に、あなたの好きな野菜を使った郷土料理もあると思います。

山形だし豆腐

山形県の郷土料理の一つ。夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、味付けをし、豆腐にのせて食べる料理。豆腐以外にも白米やうどんなどにも入れるケースも多い。

石狩鍋

鮭を用いた鍋料理。昆布だしの味噌ベーススープに、隠し味として牛乳やバターを入れるケースも多々ある。石狩鍋の由来は、北海道石狩市の石狩川に遡上する鮭を用いている事から因む。

しもつかれ

栃木県の郷土料理の一つ。鮭の頭と野菜の切りくずなどを大根おろしと混ぜた料理。様々な食べ方があるが、表面が凍ったものを温かいご飯に乗せて食べるのが一番おいしい食べ方とされている。

ひっつみ

小麦を用いた岩手県の郷土料理の一つ。鍋に小麦を練ったものをひっつまんで入れて作れられる事から「ひっつみ」と名称された。すいとんよりも、ワンタンや水餃子の様な歯ごたえの汁もの料理。

じゃっぱ汁

青森県の郷土料理の一つ。じゃっぱ汁の「じゃっぱ」とは、津軽弁での表記であり、共通語では「アラ」の事を指す。タラだけではなく、他県では「鮭じゃっぱ」などがある。

サンマーメン

神奈川県の郷土料理の一つ。塩またはしょうゆラーメンの上に、片栗粉で溶いたあんを乗せる独特な麺料理。特に横浜、川崎ではご当地ラーメンとして深く浸透している。

めはりずし

三重県の郷土料理の一つ。高菜の漬物でお米を包んで作るすし料理。中に入る具は高菜の芯を細かく刻んで入れるのが一般的だが、おかかやしそ昆布など様々な種類がある。「めはりずし」の由来は、大きく握っためはりずしを大口…

ぼたん鍋

岐阜県の郷土料理の一つ。猪肉を使った鍋料理の事を言い、猪鍋とも呼ばれる。ぼたん鍋の「ぼたん」とは薄切りにした猪肉を牡丹の花の様に皿に盛られる事から因んでいる。

なめろう

千葉県の郷土料理の一つ。アジなどの新鮮な青魚を3枚におろし、味噌や薬味と一緒にまな板の上で細かく叩いたおつまみ。漁師が船の上で作っていた事から「沖なます」という別名もある。

笹団子

新潟県の郷土料理の一つ。餡の入ったよもぎ団子を笹の葉で包み、蒸しあげて作る和菓子。ささには殺菌効果もあり、戦国時代に携帯出来る保存食として作られたとされている。