野菜料理一覧

大半の料理には野菜が登場します。野菜の種類も様々あり、栽培するのに適した気候や地形なども変わってきます。だからこそ、特産品として有名になる野菜があります。気候、地形、時期にあった野菜は、他の地域の同じ野菜と比べ多くの栄養素を蓄え、味も一層美味しくなります。
これからご紹介する野菜を使った郷土料理の中に、あなたの好きな野菜を使った郷土料理もあると思います。

いかにんじん

福島県の郷土料理の一つ。名前の通り、スルメイカとにんじんを細切りにし、味付けをした料理。秋から冬にかけて作られている。

きりたんぽ鍋

秋田県の郷土料理の一つ。米を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒からはずし、鍋へ入れて食べる鍋料理。きりたんぽに味噌を付けてやく味噌たんぽもとても人気がある。

ちゃんちゃん焼

鮭と野菜を鉄板で蒸し焼きにする料理。味噌で味付けをし、バターでまろやかにしあげる。北海道の漁師が作った名物料理の一つ。

山形だし豆腐

山形県の郷土料理の一つ。夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、味付けをし、豆腐にのせて食べる料理。豆腐以外にも白米やうどんなどにも入れるケースも多い。

石狩鍋

鮭を用いた鍋料理。昆布だしの味噌ベーススープに、隠し味として牛乳やバターを入れるケースも多々ある。石狩鍋の由来は、北海道石狩市の石狩川に遡上する鮭を用いている事から因む。

菜飯

愛知県の郷土料理の一つ。大根の葉をきざみ、炊きたてのご飯に混ぜたもの。基本的には、蕪や大根の葉を使い、味付けは塩のみ。昨今では味噌田楽と組み合わせて名物として提供される事が多い。

ほうとう

ほうとうは山梨の郷土料理の一つ。小麦を使った太麺と、かぼちゃを中心とした野菜を煮込んだ鍋料理。味噌をベースのスープに野菜の甘味が溶け込みとろみのあるスープが特徴的。

釜めし

群馬県の郷土料理の一つ。名前の通り、一人用の釜を使って振る舞う炊き込み料理。様々な種類があり、全国各地で駅弁としても販売されている。

治部煮

石川県の郷土料理の一つ。鴨肉または鶏肉をに小麦粉をまぶし、野菜などと一緒にしょうゆベースの汁で煮込む料理。小麦粉が肉のうまみを閉じ込め、汁にもとろみがつくのが特徴。

サンマーメン

神奈川県の郷土料理の一つ。塩またはしょうゆラーメンの上に、片栗粉で溶いたあんを乗せる独特な麺料理。特に横浜、川崎ではご当地ラーメンとして深く浸透している。