野菜料理一覧

大半の料理には野菜が登場します。野菜の種類も様々あり、栽培するのに適した気候や地形なども変わってきます。だからこそ、特産品として有名になる野菜があります。気候、地形、時期にあった野菜は、他の地域の同じ野菜と比べ多くの栄養素を蓄え、味も一層美味しくなります。
これからご紹介する野菜を使った郷土料理の中に、あなたの好きな野菜を使った郷土料理もあると思います。

静岡おでん

種が一本一本串に刺さったおでん。牛スジや豚モツからとったダシと濃口しょうゆの真っ黒なスープが特徴的。からしの他に青のりや味噌をぬって食べるのが静岡おでん流の食べ方となっている。

おでん

室町時代に串に刺した田楽が登場し、江戸時代に種を茹でた煮込み田楽がおでんの発祥。根菜や練り物をだし汁で煮込む鍋料理。東京の郷土料理とされている。

おすわい

富山県の郷土料理の一つ。千切りの大根とにんじん、油揚げ、ひじきなどをまぜ、甘酢で和えたもの。富山県では慶事や精進料理には必ずといってよいほど出される品。

菜飯

愛知県の郷土料理の一つ。大根の葉をきざみ、炊きたてのご飯に混ぜたもの。基本的には、蕪や大根の葉を使い、味付けは塩のみ。昨今では味噌田楽と組み合わせて名物として提供される事が多い。

ほうとう

ほうとうは山梨の郷土料理の一つ。小麦を使った太麺と、かぼちゃを中心とした野菜を煮込んだ鍋料理。味噌をベースのスープに野菜の甘味が溶け込みとろみのあるスープが特徴的。

釜めし

群馬県の郷土料理の一つ。名前の通り、一人用の釜を使って振る舞う炊き込み料理。様々な種類があり、全国各地で駅弁としても販売されている。

治部煮

石川県の郷土料理の一つ。鴨肉または鶏肉をに小麦粉をまぶし、野菜などと一緒にしょうゆベースの汁で煮込む料理。小麦粉が肉のうまみを閉じ込め、汁にもとろみがつくのが特徴。

和歌山県の郷土料理の一つ。豆腐を凍らせて作るシンプルな料理。高野山の僧侶が真冬に豆腐を外に出したままにしてしまい、凍った豆腐を解凍して食べた事が発祥とされている。また凍り豆腐や凍み豆腐など様々な呼び名がある。

けんちょう

山口県の郷土料理の一つ。だいこんやにんじんなどを豆腐と一緒に炒め、汁けがなくなるまで煮詰めた料理です。山口県ではほぼ全域で作られている定番メニューとなっています。だいこんが多く出回る冬場には大量に作り、惣菜と…

美酒鍋

広島県の郷土料理の一つ。味付けとして日本酒と塩、コショウだけを使うシンプルな鍋料理。宴会料理とされており、煮る事でアルコール分が抜けるので、子供やお酒が飲めない人でも食べれる。