鍋料理一覧

郷土料理の中でも一番知名度があるジャンルは鍋料理かもしれません。石狩鍋、おでん、ジンギスカン鍋、もつ鍋など、全国各地に出回っています。他にもあんこう鍋やてっちり鍋(河豚)、ぼたん鍋(猪)など、その地域で獲れる食材を使った鍋があります。
これから紹介するのは、定番鍋からご当地食材を使った鍋をご紹介致します。「寒い時期には鍋を食べて温まる」そんな日本の風習があるからこそ、郷土料理に鍋が多いのかもしれません。

水軍鍋

広島県の郷土料理の一つ。魚介と海藻をふんだんに使った鍋料理。特徴としては、必ずタコを一匹丸々入れる豪快な鍋で有名。室町時代から戦国時代にかけて活躍した、村上水軍が出陣前に必勝祈願として食べていたとされている。

もつ鍋

博多の郷土料理の一つ。もつ鍋とは、牛または豚の小腸や大腸を用いた鍋調理。独特の歯ごたえとコラーゲンが豊富な事から女性にも人気。また内臓肉をホルモンともいい、ホルモン鍋ともいう。

美酒鍋

広島県の郷土料理の一つ。味付けとして日本酒と塩、コショウだけを使うシンプルな鍋料理。宴会料理とされており、煮る事でアルコール分が抜けるので、子供やお酒が飲めない人でも食べれる。

てっちり鍋

福岡県の郷土料理の一つ。河豚(ふぐ)を用いた鍋料理。「てっちり」の「てつ」は鉄砲の事。河豚(ふぐ)に当たれば死ぬという事から名付けられたとされている。「ちり」とはちり鍋の指す。河豚(ふぐ)は冬の時期が一番旬とされて…

はりはり鍋

関西地方の郷土料理の一つ。昆布でだしをとり、鯨肉と水菜が入った鍋料理。水炊き鍋同様ポン酢で頂く。水菜のシャキシャキした触感が「はりはり鍋」の由来とされている。

2 / 212