寿司料理一覧

新鮮な魚と酢飯を組み合わせて作る日本独特の料理です。定番の握り寿司から巻き寿司、押し寿司など様々な寿司料理があります。
郷土料理の中でも「すし」とつくものが多々あり、一般的に想像する握り寿司とは一風違ったものばかりです。
そんな地域独特の「すし」をご紹介致します。

てこね寿司

三重県の郷土料理の一つ。新鮮なカツオをぶつ切りにし、酢飯、白胡麻、大葉と一緒に混ぜ合わせた漁師飯です。カツオの味付けはしょうゆだけですが、大葉や酢飯との相性は抜群です。三重県の中でも志摩町の代表的な郷土料理と…

かぶら寿司

石川県の郷土料理の一つ。なれずしの一種で、塩漬けにしたカブで魚の切り身を挟み、麴で漬け込む寿司料理です。気温が低い冬に作られるごちそうとして地元の人たちに愛されています。魚の切り身は寒ブリを使う事が多く、脂が…

めはりずし

三重県の郷土料理の一つ。高菜の漬物でお米を包んで作るすし料理。中に入る具は高菜の芯を細かく刻んで入れるのが一般的だが、おかかやしそ昆布など様々な種類がある。「めはりずし」の由来は、大きく握っためはりずしを大口…

柿の葉寿司

奈良県の郷土料理の一つ。一口大にした酢飯に鯖や鮭、鯛などの切り身を乗せ、柿の葉で押し寿司にした料理。柿の葉には殺菌効果があり、包む事により保存性が高くなる。主に渋柿の葉を使い、場所によっては昆布をまいてから柿…

ののこめし

鳥取県の郷土料理の一つ。油揚げの中に生米と生野菜を入れて炊き上げる炊き込み料理。特別な行事に出される縁起の良い料理として昔から振る舞われて来ました。またの名を「いただき」と言い「頂く」という感謝の気持ちがその…