石狩鍋

調理時間

1時間

難易度
カロリー

261kcal

「石狩鍋」とは?

鮭を用いた鍋料理。昆布だしの味噌ベーススープに、隠し味として牛乳やバターを入れるケースも多々ある。石狩鍋の由来は、北海道石狩市の石狩川に遡上する鮭を用いている事から因む。

・食材/分量(4人前)

1000㏄
昆布だし
10㎝
200g
イクラ
30g
白菜
1/2
大根
1/2
じゃがいも
2個
長ねぎ
1本
バター
15g
白味噌
45g
赤味噌
20g
しょうゆ
少々
料理酒
10cc
みりん
10cc

・作り方

  1. ①鮭はぶつ切り、白菜は大根とジャガイモは皮をむいて厚め(約1㎝)に切る。長ねぎは斜め切りする。
  2. ②ぶつ切りした鮭を熱湯にくぐらせ、水洗いして臭みとアク抜きをおこなう。
  3. ③鍋に水と昆布だしを入れ火にかける。
  4. ④沸騰したら昆布を取出し、野菜から先に鍋へ入れる。
  5. ⑤煮立ってきたら鮭、味噌(白と赤の合わせ味噌)、料理酒、みりん、長ねぎを加えひと煮立ち。
  6. ⑥お好みでバターを入れ完成。

ワンポイントアドバイス

バターの他にも牛乳を入れる事で、まろやかな仕上がりになります。一味違う石狩鍋を楽しめます。

石狩鍋は味噌汁より濃いめの味に仕上げます。生鮭では無く、塩鮭を使用する際は味見をしながら味噌の加減を決めて下さい。

・関連レシピ紹介!!