きりたんぽ鍋

調理時間

1時間

難易度
カロリー

523kcal

「きりたんぽ鍋」とは?

秋田県の郷土料理の一つ。米を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒からはずし、鍋へ入れて食べる鍋料理。きりたんぽに味噌を付けてやく味噌たんぽもとても人気がある。

・食材/分量(4人前)

3合
1400㏄
鶏もも肉
2枚
ごぼう
2本
せり
1束
長ねぎ
2本
まいたけ
1袋
結び糸こんにゃく
4個
しょうゆ
30㏄
みりん
20㏄
鶏がら
適量
料理酒
20㏄

・作り方

  1. ①鍋に鶏がらと水を入れてひと煮立ち。だしが取れたら鶏がらを取出し、こしておく。
  2. ②鶏もも肉は一口大に切り、ごぼうはささがき、ねぎは斜め切り、まいたけは食べやすい大きさにほぐしておく。
  3. ③炊いた米をすり鉢へ移し、スリコギでこねる。粘りがでてきたら杉の棒に伸ばしながら巻き付ける。
  4. ④きりたんぽをフライペンの上できつね色になるまで焼く。
  5. ⑤鍋に牛蒡と鶏もも肉を入れ、アク取りをおこなう。
  6. ⑥野菜、糸こんにゃくを入れて、ひと煮立ち。しょうゆとみりん、料理酒で味を調整する。焼いた切りたんぽを斜め切りし、せりを入れれば完成。

ワンポイントアドバイス

きりたんぽとせりはに過ぎない事が大事です。食べる直前に入れましょう。

鶏がらが手に入らない場合は、鶏がらスープの素やカツオだし、昆布だしでも美味しく出来ます。

・関連レシピ紹介!!