どぶ汁

調理時間

30分

難易度
カロリー

410kcal

どぶ汁

「どぶ汁」とは?

茨城県の郷土料理の一つ。あんこうの肝と味噌ベースの汁もの料理です。あんこうの肝を空煎りする事で肝油が出てきます。その肝油と野菜から出る水分だけで作れる事から漁師の船上料理として広まりました。

・食材/分量(2人前)

鍋用あんこうパック
550g
赤味噌
30g
すりおろしにんにく
10g
料理酒
30㏄
昆布だし
5㎝
白菜
1/2個
豆腐
1丁
長ねぎ
1本
100㏄

・作り方

  1. ①鍋にお湯を沸かしあんこうを下茹でする。
  2. ②白菜をざく切り、長ねぎを斜め切り、豆腐を8等分に切る。
  3. ③鍋にあんこうの肝を弱火で空煎りし、肝油が出てきたら味噌とすりおろしにんにくを入れて炒める。
  4. ④にんにくの香りが出てきたら水100㏄を加えて溶いていく。
  5. ⑤スープが出来たら食材をすべて入れ、蓋をしてひと煮立ちさせる。
  6. ⑥ひと煮立ち後に中火にして15分ほど煮たら完成。

ワンポイントアドバイス

あんこうの下ごしらえの際は、肝の血管を完全に取り除いてから下茹でしましょう。血が混ざってしまうと味が濁ってしまいます。

あんこうの肝と味噌、すりおろしにんにくを炒める際は、弱火より気持ち弱くして焦げない様に気をつけましょう。

・関連レシピ紹介!!

かんぴょうの卵とじ
かんぴょうの卵とじ