おでん

調理時間

45分

難易度
カロリー

470kcal

「おでん」とは?

室町時代に串に刺した田楽が登場し、江戸時代に種を茹でた煮込み田楽がおでんの発祥。根菜や練り物をだし汁で煮込む鍋料理。東京の郷土料理とされている。

・食材/分量(4人前)

大根
1本
昆布巻き
4個
ちくわぶ
1本
たまご
4個
結び糸こんにゃく
4個
餅きんちゃく
4個
ごぼう巻
4個
はんぺん
2枚
さつま揚げ
4個
カツオだし
8g
しょうゆ
40㏄
みりん
30㏄
20㏄
少々
2000㏄

・作り方

  1. ①大根の皮をむき、3㎝間隔で輪切りにし、下茹をする。さつま揚げ、ごぼう巻、餅きんちゃくにお湯をかけて油抜きをする。
  2. ②はんぺんを斜めに包丁を入れ、三角形になるよう半分に切る。ちくわぶも斜め切りにする。
  3. たまごは茹でたまごにし、殻をむいておく。
  4. ③鍋に水を入れ、カツオだしと食材を入れ、蓋をして火にかける。
  5. ④沸騰手前でしょうゆ、みりん、酒を入れて再度蓋をする。
  6. ⑤20分ほど煮たら塩で味を調え、火を消して味をしみ込ませれば完成。

ワンポイントアドバイス

入れる食材によっては食材から塩味が出るので、味を見ながらしょうゆの量を調節して下さい。

味がしみ込むのは煮る時よりも火を止めて冷める時です。食事3時間前からしみ込ませておくと、より一層美味しく召し上がれます。

・関連レシピ紹介!!