笹団子

調理時間

1時間

難易度
カロリー

605kcal

「笹団子」とは?

新潟県の郷土料理の一つ。餡の入ったよもぎ団子を笹の葉で包み、蒸しあげて作る和菓子。ささには殺菌効果もあり、戦国時代に携帯出来る保存食として作られたとされている。

・食材/分量(4人前)

重層
6g
もち米
170g
上新粉
150g
砂糖
30g
乾燥よもぎ
30g
粒あん
500g
笹の葉
60枚
団子ひも(すげ)
20本

・作り方

  1. ①大きめの鍋に水をはり、重層を3g入れて火にかける。沸騰したら笹の葉とすげを入れて2分程ゆでる。②笹の葉をゆでたら冷水に入れ、その後水洗いをする。すげはそのまま鍋に入れたまま火を止める。③鍋にお湯を沸かし、重層3gとよもぎを入れる。④30分~40分程ゆで、あく取りが終わったら、しぼり汁にお湯を加え300㏄程の量になる様加える。
  2. ⑤ボウルに上新粉ともち米、砂糖を入れて混ぜ合わせる。
  3. ⑥湯がいて絞ったよもぎを中央に置き、絞り汁を少しずつ加えながらこねる。
  4. ⑦耳たぶくらいの固さになったら20等分にし、まるめておく。
  5. ⑧あんこをよもぎの真ん中に入れ、水けを切った笹の葉で包んでいく。最初は二枚重ねにし、隙間が無い様にもう一枚使って包む。
  6. ⑨すげの太い方から巻き付け、長いく余ったすげを他の笹団子とつなげる。10個1組にする。
  7. ⑩蒸し器に入れ30分程むせば完成。

ワンポイントアドバイス

笹の葉はつるつるした面が表になります。包む時は表面に団子を置いて包みましょう。

すげ、笹の葉の下ごしらえは前日に済ませておく事が理想です。

・関連レシピ紹介!!