ぬた

調理時間

15分

難易度
カロリー

89kcal

ぬた

「ぬた」とは?

福井県の郷土料理の一つ。鰯を三枚に下してワケギなどのやくみと一緒に辛子味噌で和えた一品料理。ぬたの由来は味噌のどろりとした見た目から沼を連想させる事から名付けられたとされています。また「日葡辞書」にぬたの記述があり、室町に生まれた郷土料理とされています。

・食材/分量(4人前)

ワケギ
1/2束
イワシ(刺身用)
3匹
味噌
40g
50㏄
みりん
10㏄
砂糖
15g
ねりからし
10g

・作り方

  1. ①ワケギの根を切り、お湯にさっとくぐらせザルへあげて水気を切る。その後、食べやすい大きさにぶつ切りにする。
  2. ②イワシは頭と尾を切り落とし、腹ワタを取り除く。流水できれいに洗った後、手開きで3枚に下して皮を剥ぐ。
  3. ③3枚に下したイワシを30㏄分の酢にさっとくぐらせ一口大にぶつ切りにする。
  4. ④鍋に味噌と酢20㏄、みりん、砂糖を入れて弱火で加熱する。均等に混ざったら火を止め、ねりからしを入れて混ぜ合わせれば、からし味噌の出来上がり。
  5. ⑤再度に三枚おろしにしたイワシとワケギをからし味噌を和えれば完成。

ワンポイントアドバイス

イワシ以外にもイカやマグロなどの魚介類で作るぬたもおすすめです。その祭は必ず刺身用などの新鮮なものを使って作りましょう。

からし味噌を作る際は、味見をしながらみりんや砂糖、酢の分量をお好みで調整して下さい。

・関連レシピ紹介!!