さくら葉餅

調理時間

30分

難易度
カロリー

118kcal

さくら葉餅

「さくら葉餅」とは?

静岡県の郷土料理の一つ。上新粉で作った生地に餡を包み、塩漬けにした食用の桜の葉で包んだ和菓子です。さくら葉はみずみずしく桜の香りを放ち、餅は柔らかくしっとりとしています。昭和6年に考案され、5年の歳月を費やして研究を繰り返し、さくら葉餅が完成されました。

・食材/分量(5人前)

上新粉
50g
白玉粉
50g
片栗粉
3g
グラニュー糖
10g
ぬゆま湯
100㏄
100g
食用さくら葉
10枚

・作り方

  1. ①餡を20gずつ分けて丸めておく。食用のさくら葉は水につけて塩抜きをしておく。
  2. ②上新粉、白玉粉、片栗粉、グラニュー糖をボウルに入れ、ぬるま湯を少しずつ加えながら練り上げていく。
  3. ③全体がしっとりまとまってきたらラップをして、電子レンジ600w設定で1分加熱。
  4. ④レンジ加熱後は温かい内に練り上げていく。固さが均等になるように練り、ラップをして2分加熱。再度練り、1分加熱。好みの柔らかさになるまで繰り返す。
  5. ⑤好みの柔らかさになったら5等分にし、濡れた手で餅を縦長に伸ばす。
  6. ⑥下半分に餡をので、上半分を手前に折りたたむ。その後、餃子の様に端っこをつまんでくっつける。
  7. ⑦塩抜きしておいたさくらの葉の水分を取り、餅の上下を挟めば完成。

ワンポイントアドバイス

電子レンジ後は生地が熱くなっているので、最初は水で濡らしたすりこぎ等で練り上げましょう。

上新粉100%で餅を作る際は、分量を50gから100gにして作りましょう。

・関連レシピ紹介!!