めはりずし

調理時間

15分

難易度
カロリー

215kcal

「めはりずし」とは?

三重県の郷土料理の一つ。高菜の漬物でお米を包んで作るすし料理。中に入る具は高菜の芯を細かく刻んで入れるのが一般的だが、おかかやしそ昆布など様々な種類がある。「めはりずし」の由来は、大きく握っためはりずしを大口で目を開いて食べるところからついたと言われています。

・食材/分量(2人前)

高菜塩漬け
1枚
お米
300g
しょうゆ
15㏄
みりん
15cc

・作り方

  1. ①高菜塩漬けの水気を取り、芯の部分を少し切ってみじん切りにする。
  2. ②みじん切りにした芯をしょうゆとみりんを合わせた器に入れ、味付けをしておく。
  3. ③お米が炊き上がったら漬けておいた高菜塩漬けの芯を中心に入れ、俵状におむすびを作る。
  4. ④高菜塩漬けの葉でおむずびをくるめば完成。

ワンポイントアドバイス

京風のめはりずしを作る際は、里芋を1㎝角ほどの大きさに切り、お米と一緒に炊飯します。その後、すぐきの葉でくるめば京風めはりずしの完成です。

お米に酢を入れて、寿司飯で作るとさっぱりとした出来に仕上がります。

・関連レシピ紹介!!