どて焼き

調理時間

1時間

難易度
カロリー

183kcal

どて焼き

「どて焼き」とは?

大阪府の郷土料理の一つ。牛すじ肉を味噌やみりんで味付けをして煮込んだ料理です。「どて」とは土手の事で、味噌を盛って土手を作った中に汁を入れて煮たり焼いたりする事から由来してます。大正後期に生まれたどて焼きは、今でも愛され続けている大阪名物の郷土料理です。

・食材/分量(4人前)

牛すじ肉
250g
大根
1/3本
こんにゃく
1/2枚
白味噌
25g
味噌
35g
料理酒
30㏄
カツオだし
10g
みりん
10㏄
砂糖
12g
少々
わけぎ
1本
500㏄

・作り方

  1. ①鍋に水と料理酒15㏄、牛すじ肉を入れて30分ほど茹でる。アクが浮いてきたらすくい取り、牛すじ肉の下ごしらえをする。
  2. ②大根の皮をむき、さいの目切りにする。こんにゃくもさいの目切りにして一度湯に浸し下ごしらえをする。
  3. ③鍋に白味噌、味噌、料理酒15㏄、カツオだし、みりん、砂糖、塩、水を入れて火に掛ける。全体的に混ぜあったら大根とこんにゃくを入れ、弱火で20分ほど煮込む。
  4. ④牛すじ肉を入れ、水分が減っていたら水を少し加えて更に20分ほど煮込む。
  5. ⑤牛すじ肉に味がしみこみ、全体的にとろっとしてきたら器に盛る。
  6. ⑥最後にわけぎを小口切りして盛りつければ完成。

ワンポイントアドバイス

柔らかいどて焼きに仕上げたい場合は、下茹での時間を長く取りましょう。煮込めば煮込むほど柔らかいどて焼きに仕上がります。

下茹での際にしょうがや長ねぎなどと一緒に煮ると、牛すじ肉の臭みを軽減する事が出来ます。

・関連レシピ紹介!!

そうめんかぼちゃのサラダ
そうめんかぼちゃのサラダ