ののこめし

調理時間

45分

難易度
カロリー

382kcal

「ののこめし」とは?

鳥取県の郷土料理の一つ。油揚げの中に生米と生野菜を入れて炊き上げる炊き込み料理。特別な行事に出される縁起の良い料理として昔から振る舞われて来ました。またの名を「いただき」と言い「頂く」という感謝の気持ちがそのまま名前になったと言われています。

・食材/分量(2人前)

油揚げ
4枚
1.5合
ごぼう
1/4本
にんじん
1/4本
しいたけ
2枚
カツオだし
10g
500㏄
しょうゆ
40㏄
砂糖
12g
みりん
15㏄

・作り方

  1. ①鍋に水とカツオだし、しょうゆ、砂糖を入れ沸騰する手前で火を消し冷ましておく。
  2. ②ごぼうを笹がきし、にんじんとしいたけをみじん切りにする。
  3. ③米を研ぎ、研ぎ終えた米と野菜を混ぜ合わせる。
  4. ④油揚げを一度湯通しした後、半分に切る。
  5. ⑤油揚げの切り口から米と野菜を入れて詰め楊枝止めします。
  6. ⑥冷ましておいただし汁に、米と野菜を詰めた油揚げを入れて強火にかけます。
  7. ⑦沸騰したら中火または弱火にし、蓋をして15分程で火を消します。
  8. ⑧火を消した後も蓋をしたままにし、煮冷ましで味をしかっかりとしみこませれば完成。

ワンポイントアドバイス

米を研いだ後、30分ほど浸水させてからざるなどにあげておきましょう。

米が炊けてくると膨らむので、油揚げに入れる分量は7分目程度にしましょう。

・関連レシピ紹介!!