いもぼた

調理時間

30分

難易度
カロリー

328kcal

いもぼた

「いもぼた」とは?

奈良県の郷土料理の一つ。ご飯、里芋、サツマイモと一緒に炊き込み、餅状に練り上げた後こしあんなどを用いた郷土菓子です。1780年にサツマイモが境港に伝来して以来、お米の代用食として食べられてきました。様々なサツマイモ料理が誕生し、いもぼたもその中の一つです。

・食材/分量(4人前)

さつまいも
400g
もち米
2合
こしあん
600g
砂糖
150g
少々

・作り方

  1. ①さつまいもの皮をむき、厚さ5㎜程度の輪切りにする。その後サツマイモを10分ほど水に浸けてアク抜きを行う。
  2. ②炊飯器にもち米と水を切ったサツマイモを入れて炊飯する。
  3. ③炊き上がったら10分ほど蒸らし、塩と砂糖を入れてすりこぎでつぶしていく。
  4. ④均等につぶし、餅状になったら食べやすいサイズに形を整え、こしあんで包めば完成。

ワンポイントアドバイス

基本的ないもぼたはサツマイモだけですが、里芋を一緒に入れると喉ごしが良くなります。

こしあんの他にもきな粉などをまぶしても美味しく召し上がれます。

・関連レシピ紹介!!