蒜山おこわ

調理時間

45分

難易度
カロリー

720kcal

「蒜山おこわ」とは?

岡山県の郷土料理の一つ。蒜山(ひるぜん)地方独特の五目おこわ。もち米や鶏肉以外に、山菜や栗などの季節の野菜が入っている。行事や祝い事で振る舞われる料理としてだけでは無く、ご当地駅弁としても作られている。

・食材/分量(4人前)

もち米
3合
しいたけ
2枚
鶏もも肉
100g
フキの水煮
1本
しめじ
1パック
ごぼう
1/2本
ゼンマイの水煮
50g
栗の甘露煮
6個
カツオだし
5g
500㏄
薄口しょうゆ
35cc
みりん
30㏄
砂糖
6g
2g

・作り方

  1. ①もち米を研ぎ、30分ほど水に浸した後にザルにあげておく。
  2. ②しいたけはそぎ切り、鶏肉は一口大、フキは5㎜幅で小口切り、ゼンマイは2㎝間隔に切る。ごぼうはささがきにし、水に浸してアク抜きをする。しめじは石づきを切り落としバラバラにしておく。
  3. ③鍋に皿が油をしき、鶏もも肉と野菜を入れて炒める。
  4. ④あるていど食材に火が通ったら水とカツオだし、しょうゆ、砂糖を加えひと煮立ちさせる。
  5. ⑤ひと煮立ちさせたらザルなどで具と煮汁を分ける。
  6. ⑥炊飯器にもち米、具、煮汁の順番に入れ、煮汁の量が500㏄未満だった場合は、水を入れて水量を調整する。
  7. ⑦炊き上がった米に栗の甘露煮を入れ、混ぜ合わせれば完成。

ワンポイントアドバイス

もち米を浸す時は最低でも30分は吸水させましょう。吸水が足りないと芯が残ってしまう場合があります。

押し麦がある場合は、炊飯時に一緒に入れましょう。おこわが固くなるのを防ぐ事が出来ます。

・関連レシピ紹介!!

ウニ・イクラ丼