てっちり鍋

調理時間

1時間

難易度
カロリー

320kcal

「てっちり鍋」とは?

福岡県の郷土料理の一つ。河豚(ふぐ)を用いた鍋料理。「てっちり」の「てつ」は鉄砲の事。河豚(ふぐ)に当たれば死ぬという事から名付けられたとされている。「ちり」とはちり鍋の指す。河豚(ふぐ)は冬の時期が一番旬とされている。

・食材/分量(4人前)

ふぐの切り身、アラ
500g
春菊
1束
白菜
1/4
長ねぎ
1本
しいたけ
4個
昆布だし
15㎝
絹豆腐
一丁
1800㏄
ポン酢
適量
もみじおろし
適量
万能ねぎ
適量

・作り方

  1. ①鍋に水と昆布だしを入れ、沸騰する直前で昆布を取り出す。その後、ふぐを入れてアク取りをしながらだしを取る。
  2. ②白菜はざく切り、長ねぎは斜め切り、絹豆腐は8等分、しいたけは柄の部分を切り落とす。
  3. ③春菊は流し水でしっかりと洗った後、鍋に湯を沸かし40秒~50秒ほど湯に入れる。その後、冷水に浸し水けを取って下ごしらえする。
  4. ④鍋に白菜、絹豆腐、しいたけ、長ねぎ、ふぐを入れて火にかける。
  5. ⑤最後に春菊を入れてひと煮立ちさせたら完成。もみじおろし、万能ねぎをポン酢に入れて召し上がって下さい。

ワンポイントアドバイス

ふぐのだし取りの際は5分ほど煮るだけで十分です。煮過ぎると身が固くなってしまうので気を付けましょう。

春菊の下ごしらえは必ずしましょう。残留農薬やダイオキシンの不安が強い野菜の一つです。

・関連レシピ紹介!!