カステラ

調理時間

1時間

難易度
カロリー

153kcal

「カステラ」とは?

長崎の郷土料理の一つ。卵、小麦粉、砂糖、水飴などで作られる和菓子です。元々は、ポルトガルから伝わった南蛮菓子をもとに、日本独自の製法で発展してきました。原型の南蛮菓子とは製法も違い、現代では蒸しカステラやロールカステラなど様々なものがあります。

・食材/分量(4人前)

強力粉
150g
6個
砂糖
200g
はちみつ
30g
牛乳
20g

・作り方

  1. ①卵と砂糖をボウルに入れ、湯煎(40℃前後)しながら泡立てる。※あるていど泡立ったら湯煎から外して泡立てる。
  2. ②温めた牛乳にはちみつを入れ、はちみつが牛乳に溶けたらボウルへ移し混ぜ合わせる。
  3. ③強力粉と砂糖を2回に分けてボウルに加え、丁寧に混ぜ合わせていく。
  4. ④クッキングシートを敷いた箱に生地を流しいれる。竹串などを生地に差し込み、気泡を無くす。
  5. ⑤予熱済み180℃のオーブンに入れて焼き色を付ける。その後、170℃に温度を下げて45分焼き上げれば完成。

ワンポイントアドバイス

卵をまぜる際は必ず常温に戻してから使いましょう。

焼きあがったカステラの余熱をとり、サランラップで包んでから冷蔵庫で1日ほど寝かせると、より一層ふっくらとした味わいになります。

・関連レシピ紹介!!