静岡県郷土料理一覧

静岡県は、三崎港や沼津港や伊豆があるので、おいしい海産物がたくさんあります。港によって、取れる海産物も違っています。静岡県はどこの土地なのかで、郷土料理が違っているのも特徴的です。
有名な郷土料理の1つには、シラス丼があります。シラスはほかのお魚以上に足が早いから、すぐに腐ってしまいます。シラス丼は現地に行かなくては食べられないのです。シラス丼を食べたら、今までに食べたシラスのイメージが違ってきます。
お店の中には、シラス丼だけではなくて、その他の新鮮なお刺身を一緒に丼にした3食丼や海鮮丼を販売しているお店もあります。現地の新鮮な海鮮丼やシラス丼を楽しみたいですね。
ブームになっているのは町おこしですが、「静岡おでん」が名物になっています。この食べ物も新鮮な海産物が取れるからこそ、成り立つレシピといえます。おでんは練り製品が中心ですから、新鮮な海産物が取れる場所ではなかったら発展してこないご当地の食べ物です。

さくら葉餅

静岡県の郷土料理の一つ。上新粉で作った生地に餡を包み、塩漬けにした食用の桜の葉で包んだ和菓子です。さくら葉はみずみずしく桜の香りを放ち、餅は柔らかくしっとりとしています。昭和6年に考案され、5年の歳月を費やして…

静岡おでん

種が一本一本串に刺さったおでん。牛スジや豚モツからとったダシと濃口しょうゆの真っ黒なスープが特徴的。からしの他に青のりや味噌をぬって食べるのが静岡おでん流の食べ方となっている。