富山県郷土料理一覧

富山県では日本海側最大級の富山湾があり、暖流と寒流のぶつかり合う漁業を行うのに最適な場所です。特に「ホタルイカ」や「白えび」など他の地域ではあまり見られない海の幸が有名です。
また旬な時期の氷見ぶりはマグロ以上に美味しいとも言われ、全国ブランドとなっています。刺身は勿論、しゃぶしゃぶやぶり大根など調理法は様々です。
富山県は食だけではなく、薬売りというイメージがあると思いますが、実際に薬膳風の料理のお店や民間薬の利用も盛んです。葛湯やオオヅキ、熊胆、南天の未などが有名です。

そうめんかぼちゃのサラダ

富山県の郷土料理の一つ。そうめんかぼちゃとはキンシウリの別名です。キンシウリを湯がく事で実が糸状になり、そうめんの様に食されています。また、サラダとして野菜と和えたり、そうめんチャンプルーの様に炒めたりと調理…

おすわい

富山県の郷土料理の一つ。千切りの大根とにんじん、油揚げ、ひじきなどをまぜ、甘酢で和えたもの。富山県では慶事や精進料理には必ずといってよいほど出される品。