山口県郷土料理一覧

山口県には日本人だったらあこがれてしまう食材があるのです。それが、フグです。地元では、フグではなくてフクというのです。フグを食べて、福がくるという意味も含まれています。
中国産や養殖ものもあるのですが、やはり旬の時期に取れる天然の新鮮なフグが1番おいしいです。値段が高いから、めったには食べられないけれども、1度は贅沢をしてご当地のフグを食べたいです。
現地では、年末や年始の時期にはフグを食べます。1番の定番は、フグ鍋・フグちりです。皮や身や骨やアラやすべての部分を食べます。皮や骨やアラからも、おいしいフグのだしがでてきますから、一切捨てる部分はないのです。その他のレシピだったら、から揚げや白子料理やてんぷらやひれ酒、ソテーやバーター焼きにしても食べられています。ソテーやバター焼きなどは、現地に行かなくては口には入れられない、おいしい贅沢なフグのメニューの1つでしょう。
本場の山口県で味わうフグは、また一味違った旨味があります。

けんちょう

山口県の郷土料理の一つ。だいこんやにんじんなどを豆腐と一緒に炒め、汁けがなくなるまで煮詰めた料理です。山口県ではほぼ全域で作られている定番メニューとなっています。だいこんが多く出回る冬場には大量に作り、惣菜と…